音楽業界で働くにはどうしたらいい?

音楽業界の業種と働く方法

ミュージシャンやDJになるには

音楽業界と聞くと、全員が歌を歌ったり、楽器を演奏していたりするイメージがあるともいますが、冷静に考えてみればそうではありません。
音響機材を操り、一つの曲を作り上げるエンジニアやコンサートの全て音響機器を調整して最適な音を届けるエンジニアも音楽業界の欠かす事の出来ない業種です。
このサイトでは音楽業界の様々な業種についてご紹介いたします。

音楽業界の花形と言えば、華々しいステージで歌い、楽器を演奏し、自ら作詞、作曲までこなすミュージシャンと様々な曲をかけて、アレンジしてフロアやイベントを盛り上げるDJではないでしょうか。
憧れのミュージシャンやDJになる方法をご紹介いたします。

音楽業界で良い曲や良い音を作るために仕事をしているエンジニアたちがいるのをご存知でしょうか?
レコーディングの際に全ての音を収録して、ミュージシャンの要求通りに仕上げるプロフェッショナル「レコーディングエンジニア」とコンサートやフェスなのどの音楽イベントで広い観客席に最良の音を届けるのが「PAエンジニア」です。
音楽業界に無くてはならない「レコーディングエンジニア」と「PAエンジニア」についてご紹介いたします。

近年、音楽業界でも需要が伸びている業種が、様々なコンテンツのBGMや効果音を作り出してる「サウンドクリエイター」とコンサートの全てをプロモートする「コンサートプロモーター」です。
「サウンドクリエイター」と「コンサートプロモーター」の仕事内容についてご紹介いたします。

音楽業界の様々な仕事を知って音楽業界で働こう!

インターネット、テレビ、ラジオで聞かない日はないほど、ミュージシャンやDJの作り出した音楽を聞いてはいますが、実際にミュージシャンやDJになるにはどうしたらよいのでしょうか? そこで憧れの職業であるミュージシャンやDJになる方法ご紹介いたします。

音楽業界の影の主役エンジニア

音楽業界が歌を歌うアーテストやフロアを盛り上げるDJばかりでは成り立ちません、アーテストの歌を完成させるのに全ての音源を整る「レコーディングエンジニア」やコンサートの音響設備を調整してコンサートでお客さんに音を届ける「PAエンジニア」達についてご紹介いたします。

サウンドクリエイターとコンサートプロモーターとは?

これから音楽業界で多忙になると予想されるのが、ゲーム、映画、CM、アニメなどの効果音やBGMを作り出すサウンドクリエイターとコンサートなどのイベントの計画、準備、運営、撤収まで全てを取り仕切るコンサートプロモーターです。 これらの業種のなり方と展望についてご紹介いたします。

TOP