音楽業界の様々な仕事を知って音楽業界で働こう!

ミュージシャンになるには?

ミュージシャンは、演奏や歌唱などをしているクラッシック以外のポップスやロックなどの音楽の演奏家の事を言います。
演奏以外では作詞、作曲、編曲をする人もおり、演奏も観客の前だけでなく、レコーディングなども行います。
直接の音楽活動以外ではテレビ出演や音楽学校の教師など活動は多岐に渡ります。

ミュージシャンになる決まった方法はありませんが、まず必要なのは歌唱技術や演奏技術ですがそれ以上に大切なのは表現力だと言われています。
様々な表現力を磨きながら行わなければいけないのは、ライブ活動やオーディションを受けてメジャーデビューを目指しましょう。
また近年ではインターネットで自ら音楽を配信することで、メジャーデビューしたり音楽活動を続けて行く方法もあります。

実は一番儲かる?DJ

DJは楽曲を選曲し、ターンテーブルやミキサーを操作しながら曲同士をつないだり、フロアの盛り上がる音楽を流すのが主な仕事です。
通常はクラブの専属DJとして働きますが、フリーで名の知られたDJはイベントに呼ばれることもあり、世界で最も稼ぐDJカルヴァンハリスは、なんと年収78億円だそうです。

DJになるために決まった方法はありませんが、最近では養成スクールでクラブDJの基礎や選などを学ぶことも出来るようです。
ただ養成スクールでテクニックは磨けてもDJにそのままなれるわけではないので、まず店舗専属のDJを目指すのなら自分が働きたい店に通ってオーナーに働きたいと伝えてみましょう。
当然審査としてデモテープの「ミックステープ」を求められるので、全力で作り上げておきましょう。


TOP