サウンドクリエイターとコンサートプロモーターとは?

仕事の幅が広い「サウンドクリエイター」

ゲーム音楽やアニメ、映画のBGMや効果音などを作るのが通称音屋と呼ばれるサウンドクリエイターの仕事です。
サウンドクリエイターはプログラミングや音楽全般に対して広い造形を持つことが必要条件ですが、ゲームやアニメ、映画などは大勢の人間と円滑なコミュニケーションが図ることが重要となるので、協調性、社交性、理解力なども求められます。

サウンドクリエイターになるには、サウンドクリエイターの専門学校、音楽大学、プログラムの専門学校などを卒業して音楽とプログラムに技術を身に着け、ゲームメーカーやゲーム制作会社、映画やアニメのコンテンツ制作会社に勤めるのが一般的です。

今後もコンテンツビジネスが拡大していく事を考えると活躍する機会が増える職業だといえます。

イベントの要「コンサートプロモーター」

コンサートプロモーターはイベントの会場確保、スタッフの手配、許可申請、プロモーション活動、チケット販売、事前準備、会場設営、観客誘導、会場警備、出権者の送迎手配、進行管理、撤収作業など、イベントの全ての計画を作り、手配を行うのが仕事です。

コンサートプロモーターになるには、イベント運営を学べる専門学校や大学の出身者が多く、学生時代からコンサート会場やイベント制作会社でアルバイトをして業務経験があるとイベント制作会社などへの就職が有利に働くことがあります。

音楽業界ではCDや配信による「モノとして消費」の売り上げは減少傾向にある一方、コンサートやフェスなどの音楽の「コト消費」、イベントなどの売り上げは伸びています。
これからの時代、イベントを取り仕切るコンサートプロモーターの仕事が増えていくのではないでしょうか。


TOP